スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2008年07月19日

マルシン 8mmブローバック M2カービンの不調

マルシン製 8mmBB弾仕様ガスブローバックガンのM2(M1)カービンの不調の原因をいくつか。

まず、バルブシャフトの変形です。
マガジンバルブの打撃部が、打撃を繰り返される事で微妙に短くなって、バルブのストロークが不足して正常にブローバックしなくなる事があります。
スペリアルバレルを採用したロットで症状を確認しているので、メーカー側で未対処の問題なのでしょう。
修復にはバルブシャフトの交換が必要です。
(面倒な場合は、バルブシャフトの変形部を叩き伸ばして強引に対処できます)

次は、ボルトキャリアー右横のローラー部のガタつき。
ガタつきが原因でオペレーティングハンドルがうまく前後しない場合があります。
これはネジの締めなおしで直せます。
(ネジロックをお忘れなく)

次は、マガジンとシリンダー間の気密不良。
不調時に、マガジンを下から抑えてやると上手く動く場合はコレ。
原因は主にマガジンキャッチ部の磨耗で両者に隙間が開いてしまう事だと思います。
マガジンのガス放出口パッキンが膨らんだり上下に可動して気密を取る構造なら、多少の隙間は平気なのですが、そうはなっていない様です。
対処法は、磨耗部分の交換・加工とか、パッキンの加工とか、かなり微妙な作業なので具体的には書きません。

そういえば、6mmガスブローバックバージョンは発売中止になったのでしょうか?残念。  


Posted by たぐちやすたか at 20:53Comments(0)マルシン

2008年07月12日

KSC U.S.M9 (システム7)のロッキングブロック破損

自分の手持ちの本体ではまだ未確認ながら、実際に破損したものを見せてもらった所、何となく原因がわかった様な気が。

ダミーのロッキングブロックが上昇してスライド側の窪みにハマり込みますが、何らかの原因でタイミングがズレて、窪みの入り口部分の前側の角につかえてしまい、強引に角を削りながら上昇させられる事がある様です。
自分の手持ちの品はその角の部分が左右均等に削れていましたが、破損した個体は片側だけが削れて、そちら側のロッキングブロックに亀裂が入っていました。

その他に、スプリングガイド後端とロッキングブロックとの衝突も原因のひとつなのではないかとにらんでいますが、確証は無しです。

[追記]
その後、ソードカトラスの該当部分をチェックしてみましたが、最初から丸く面取りされていて、ロッキングブロックが角につかえる事が無さそうな雰囲気でした。

自説に自信が無くなってきましたよ(;^^)


[追記]
メーカーサイドではないのですがかなりインサイドな筋の情報で、最大の原因やはりロッキングブロックが引っかかる角の面取りの不足だとの事でした。
手持ちの固体は自然に削れて事なきを得ていますが、角が取れていない固体をお持ちの方はちょこっと削っておきましょう。  


Posted by たぐちやすたか at 01:24Comments(0)KSC

2008年07月12日

WA シグマ40Fの新旧互換

旧型と新型の違いは、素材と刻印と放出バルブの形式。(だと思う)
旧型のスライドの素材はヘビーウェイト樹脂で、肉が厚くて非常にガッチリとした感じ。
新型のスライドはマルチロンと自称する素材になっているが、粘り気が無く硬い印象。
フレームは多分普通のABS樹脂です。

マガジンの放出バルブは、旧型の方が弱い打撃力で開放される様になっており、ハンマーの起き角がわずかでも(打撃力が少なくても)キッチリと動作する様になっている。
新型のバルブはいわゆるMGC(タニオコバ)系で、ハンマーの打撃力が少々強化されている様子。

動作は旧型がマグナらしいどっしりとした動き、新型が軽量スライドによる高速型。

で、新型に旧型のマガジンを使用すると快調過ぎてスライド破損の可能性が大です。
逆に旧型に新型マガジンを使うと不調気味です。

なお、トリガーメカに少々無理があって、ハンマーのトリガーバーと接する部分が削れてダブルアクションが効かなくなる事があります。
古いリボルバーのモデルガンみたいだ。  


Posted by たぐちやすたか at 01:05Comments(0)WA