スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2010年03月31日

ハドソン マッドマックス

高校の時に(22年前だ)友人の山本君が持っていて、非常にうらやましかったハドソン製マッドマックス(エアポンプシェル版)をついにゲット。
ガスシェル版やモデルガンは入手寸前までいきつつ何となくスルーしていましたが、ジャンク扱い品に遭遇して陥落しました。

表面的には樹脂パーツが多いですが、見えない部分の金属部品の比率がかなり多く、片手で構えるにはちょっとツラい重量があります。


小傷だらけだったので、研磨スポンジでひと皮むいて、トビカのトップガードで塗装。
ウッド調部分も荒めの研磨スポンジで荒らして、インディのクリアパーカーで処理。


エアポンプ入りシェルは、耐久性が低く暴発も多かったため、発売後しばらくして絶版になったと記憶しています。
画像の様に、ヘッドスタンプの「HUDSON」の文字が左に来た状態でないと発射できません。
視覚的にわかりやすくするため目印として赤線を引いています。
シェルの底にある長方形の部品はシアで、トリガーに連動したプッシュレバーがシアを押してコックされたピストンを開放します。

エアポンプ入りシェルによる初速は0.2gBB弾一発撃ちで45~55m/s程度。
バラつきの大きさの理由は、シェル内でのBB弾のホールド位置の問題だと思います。
インナーバレルがプラ製のルーズなものなので、今時のタイトなものに交換すればもうちょっと上が狙えるかも?
スプリングがかなり強いものなので、インナー交換でアップした分をスプリング交換で弱めて、耐久性向上を狙えないかと思っています。

あまり意味は無いのですが、簡単にフィールドストリップが可能です。

メーカーのハドソン産業が廃業した事で現在は入手難ですが、金型を引き取った他のメーカーによる再生産が待たれます。

KJワークス製の全金属製コピー品が存在していますが、どの程度の実力なんでしょうかね?

おまけ
マッドマックス日本版主題歌という謎のソング。
歌うは戦闘メカ ザブングル/キン肉マン/宇宙刑事ギャバンなどでおなじみの串田アキラさんです。
幼稚園で一緒だった兼子君がなぜかEPレコード盤を持っていてよく借りて聞きました。
  


Posted by たぐちやすたか at 00:26Comments(1)撤退・廃業メーカー

2010年03月05日

KSC P226Rのマガジンキャッチ周辺の破損の原因

KSC製P226Rのウィークポイントとして挙げられる、マガジンキャッチのプランジャーがフレームを突き破るという破損症状ですが、何となく理由がわかったので書きます。
発売当初にミリブロ内で指摘・改善している方も居られたのでイマサラ感はありますが、その内容に無い点にも気が付いたもので。

まず、そもそもフレームの当該部の厚みが1.5mm程度しか無いのが原因なのですが、きっかけはマガジンキャッチがかかった際の衝撃だと思われます。
マガジンをフレームに差すと、マガジンによってマガジンキャッチが横方向にスライドします。
マガジンがキャッチがかかる位置に届くと、マガジン側のノッチにマガジンキャッチがはまり込んでロックされます。
その際に、パチンと勢い良くマガジンキャッチが復帰するため、マガジンキャッチのプランジャーがフレームの内側を叩いて、やがて突き破ってしまいます。

自分は、マガジンキャッチを押しながらマガジンを差すクセがあるので、幸いにしてこの破損には遭遇していないのですが、中古品で何度も破損品を見た事があるので、結構発生率が高いのではないかと思います。

現在流通しているものは、マガジンキャッチスプリングを弱めて対処しているようです。
もしかするとフレーム内側の肉厚も増しているかもしれません。

もう少し魅力的なバリエーションモデルが発売されたら、購入して比較したい所です。
↓こんなのとか。
P226E2

実銃用グリップが付かず、特にイジる箇所も少ないので、いまいち地味なKSC P226Rでありました。


[追記]
タナカ製モデルガンが取っている構造が破損防止になりそうなので、後日検証したいと思います。
要は、マガジンキャッチのボタン側の後方の、グリップで隠れる部分に補強部品を仕込むというもので。  


Posted by たぐちやすたか at 23:26Comments(0)KSC