2010年07月05日

お前もマグプルに染まれ

MAGPUL製のハンドガード・グリップ・ストックは、老朽化したAR-15(市販品とか警察の備品ですな)の外装のアップデート用として人気があるそうです。
他社製品がいかにも軍用なデザインなのに対して、スポーツ用品的なデザインがウケた理由なのだとか。

という訳で、MGC製M725をMAGPULモードに染めてみました。
レプリカパーツでですが。

バレルが細く、リアサイトやピボット周辺がA2以前のデザインで、M4カービン未満なスタイルが古風でいいかと。
とか言いつつ、キャリングハンドル周辺をMAGPULな雰囲気にするパーツを探しています。


グリップの装着には加工を要し、内側をレシーバー側の幅に合わせて荒目のヤスリで30分ほどダラダラと削り、固定スクリューが通る穴をズラしました。
トリガーガードも穴位置を約3mmズラさないと駄目でした。

あと、ハンドガード固定リングの所のスプリングがノーマルは弱すぎるので、ハリケーン製のキツいものに換えました。これでMGC製品の欠点であるフロントのグラグラ感がかなり減ります。


マガジンは電動ガン用ですが、大抵のものは太すぎて入らず、なんとか収まるものを見つけるのに随分と時間がかかりました。
ユニットからマガジンまで、パイプを組み合わせてバイパスを付けてあります。


ストックは、ガス供給ホースが接続される位置まではすんなり通りますが、それ以降はストック内側を1mmばかり削る必要があります。
グリップ内タンクを生かすと外観が崩れるので、延長したホースを底板の隙間から逃がして外部ソース限定にしました。
近いうちに小型タンクを自作して内蔵する予定ですが。


この画像を撮った後に、ハウジング部にネバークィットグリップを付けてやりました。
気が向いたらASAPも付ける予定です。
ボルトキャッチはダミーなので、B.A.Dは要らないかな。




同じカテゴリー(MGC)の記事画像
MGC ハイキャパの破損補修(その4)
MGC ハイキャパの破損補修(その3)
MGC ハイキャパの破損補修(その2)
MGC ハイキャパの破損補修(その1)
MGC M16にWA M4用パーツは付くのか?中期報告
同じカテゴリー(MGC)の記事
 MGC M76インターセプター ガスガン (2011-11-24 03:20)
 MGC ハイキャパの破損補修(その4) (2011-04-22 01:11)
 MGC M16のナニ(小ネタ) (2009-10-05 01:55)
 MGC M16のアレ(まだやってます) (2009-10-04 01:34)
 MGC ハイキャパの破損補修(その3) (2009-08-05 00:12)
 MGC M16の性能向上について (2009-07-30 03:07)

Posted by たぐちやすたか at 02:01│Comments(5)MGC
この記事へのコメント
はじめまして。
WEBでMGCのM16ネタを漁っていてたどり着きました。
記事のモデルのグリップってどうやって外し(交換し)たんでしょうか?
よければお教え頂けると幸いです。
Posted by のん at 2013年08月26日 12:06
ご質問ありがとうございます。
MGCのM16シリーズは強度確保のために実銃よりも左右幅が広いので、市販のリアルサイズ(ガスブローバック用)グリップの内側左右を削って取り付けました。

レプリカ品で素材の柔らかいものを入手したので、作業自体は気長に行えば難易度は低いです。

固定方法は、MGCとガスブローバック用でネジの位置が違うのと、ホースを通す穴も必要なので、見比べながら穴を開けたり、プラリペア等で埋めたり…といった風です。

元のグリップ内ガスタンクがグリップよりも長いので現状では組み込んではいませんが、下がはみ出しても構わないなら、タンクの上部外周を削れば組み込み可能です。
Posted by たぐちやすたか at 2013年08月26日 12:21
早速ご返信頂けて驚きました。

取替えの作業ポイントなど、詳しくありがとうございます。
ガスタンクがちょこっとはみ出しているのは私も気になっていますが
ホースレスで扱える取り回しのために残そうかな、と思ってます。

済みません、一部繰り返しになりますが、
ノーマルを外すのは下から左右に開いて割り取るしかないのでしょうか?
本体ケースとグリップが別体なのは分かるのですが、
壊さずに外せるのかどうか分からなくて手が出ていません。

20年ぶりに実家から漁ってきたのですが、ストック内のタンクでガス漏れしてたりして、補修には時間が掛かりそうですが、たぐち様はじめ、調べてみるとチョクチョクと改造や補修小ネタもあるので直して見ようと思います(^^;
Posted by のん at 2013年08月26日 13:23
すみません、説明不足でしたね(汗)

グリップの外し方ですが、グリップ底のタンクのフタを外すと、奥にグリップを固定するスクリューがあるので、それを外せばタンクごと外れます。
その際に、ストック側に向かう細いチューブがひっかかりますので、先に外しておいた方が良いです。

スクリュー部分にOリングが付いており、それで気密を取っているので、新しいものに好感していおいた方が良いです。
また、スクリューをねじ込む先の、フレーム内に配置してある鉄板の位置がズレると後で苦労するのでご注意下さい。

いかんせん古いものなので、各部のOリングが痩せていて気密が取れなくなっており、その対応がまず必要ですね。
Posted by たぐちやすたか at 2013年08月26日 14:20
たぐちさま

ありがとうございます!グリップのタンク奥のバネ?はなにかなー?と思ったりしてたのです。
今晩ちょっと見てみます。
確かにOリングはヤバい状態のものが多いですね。。
せめて10m程度の室内での的打ち位できる様には復活させてみたいです(笑)

今は電動が主流なのですかね。
部品取り漁りでヤフオクなどで眺めていると・・・色々欲しくなって困ります。
また、何かあったら相談させてください。
ありがとうございました。
Posted by のん at 2013年08月26日 18:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。