2011年10月31日

KSC M1911A1 system7

国内では未発売の、KSC製M1911A1のシステム7バージョンです。


外観上の新旧の違いは、スライドの素材(海外版はアルミ系、マグネシウム?)と、スライド右面の刻印だけです。
フレームとバレルはABS樹脂です。


エジェクションポートから見ると、新旧が一目瞭然です。


ノズルに給弾フックが装備できたため、マガジンリップ位置が低くなっています。


スライド下面を見ると、新旧の違いがよくわかります。
旧型はピストンからノズルが生え、システム7はシリンダーからノズルが生えます。


フレーム内部は、バレル基部とかみ合う部分の形状が異なります。


バレル基部形状は全く異なります。
新型はフレーム側とかみ合って固定されるため大きく張り出しています。
この形状のため、バレルをスライド前部から引き出して分解出来なくなっており、ガバ好きとしては非常に残念。
国内販売するなら絶対に直して欲しい箇所です。

    
日本市場は、同価格帯はマルイ製品が圧倒的なシェアを取っているため、国内版は発売されないような気もします。
STI社の「GI」モデルとして発売するなど、ちょっと工夫が必要かと。(インベル911はいまさらかと思います)

作動に関しては、先だって発売されたEDGE5.1と同質の、軽快で鋭い動作となっています。
最初からこれだったら、もっと売れたでしょうね。

おまけ
旧型のリコイルプラグの、細くなっている部分に板鉛を巻くと、リコイルショックがアップします。
M945も、金属製のチューブを装着すると手応えが増します。






同じカテゴリー(KSC)の記事画像
KSC M8000クーガー SYSTEM7
KSC G17対応カスタムパーツ
KSC STI用マイクロマウントベース
12年目のKSC G17
KSC AK74M
スライドストップノッチ強化(2)
同じカテゴリー(KSC)の記事
 KSC M8000クーガー SYSTEM7 (2013-03-22 21:58)
 KSC G17対応カスタムパーツ (2013-02-17 02:12)
 KSC STI用マイクロマウントベース (2013-02-08 22:23)
 12年目のKSC G17 (2012-11-18 22:46)
 KSC AK74M (2012-11-04 02:31)
 スライドストップノッチ強化(2) (2012-08-24 03:16)

Posted by たぐちやすたか at 03:06│Comments(0)KSC
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。