2012年11月18日

12年目のKSC G17

1999年6月に発売、12年目の現在も現行品のKSC製G17です。

発売時に、ほぼ同時期に発売のタナカ製にするかどうか悩んでこちらを選びました。
大きなトラブルもいくつかありましたが、基本的に頑丈で現在も充分遊べます。

大きなバージョンアップも互換性はほぼ維持されて行われており、今後も長く遊べる一挺と言えるでしょう。

さて、今回は突然にブローバックの勢いが落ちてしまい、原因を探った所、「インパクトハンマー」の変形が原因だと推定しました。

ノーマルパーツに交換するのも素直な方法ですが、せっかくカスタムパーツが存在しているのでそちらを試してみました。

まずはShootersDesign製のステンレス製パーツ。
定価¥3500くらいです。

非常にシャープで、若干オーバーサイズ気味なので、最初は動きが渋いです。
耐久性を重視するならいいと思います。
ただ、重量がノーマルの亜鉛製の倍はあるので、ハンマーの打撃力がそがれるかも?
どうやら、強化ハンマースプリングと組み合わせて使うのが目的の部品のようです。


お次はinfantry Tech製のアルミ製パーツ。
プラグ(フローティングバルブ)とセットでこれも定価¥3500くらいです。

こちらは7075アルミ製でノーマルパーツより遥かに軽量です。
説明書にも、軽量化でスピード向上を狙ったとあります。

前者が耐久性、後者が作動向上目的という感じでしょうか。


比較すると、ノーマルパーツのくたびれ具合がわかると思います。
この製品は、インパクトハンマー(バルブノッカー)をハンマーが直線的に叩くのではなく、
斜め上後方から「押す」様な仕組みなっているのですが、中間部にハンマーの打撃が
加わるためこのように曲がってしまいます。
10年以上かけてですけど。

さて、パーツを交換してみて、若干の改善はあったのですが、
まだ不満があったのでピストンカップも新品に交換しました。
ピストンカップは、外周部が薄く磨耗しているような雰囲気でした。

それでも、数年前に購入したG18Cと比較するとブローバックの勢いはいまひとつ。
まだ他に原因が隠されている様子です。




同じカテゴリー(KSC)の記事画像
KSC M8000クーガー SYSTEM7
KSC G17対応カスタムパーツ
KSC STI用マイクロマウントベース
KSC AK74M
スライドストップノッチ強化(2)
HK45のスライドストップノッチを強化してみる
同じカテゴリー(KSC)の記事
 KSC M8000クーガー SYSTEM7 (2013-03-22 21:58)
 KSC G17対応カスタムパーツ (2013-02-17 02:12)
 KSC STI用マイクロマウントベース (2013-02-08 22:23)
 KSC AK74M (2012-11-04 02:31)
 スライドストップノッチ強化(2) (2012-08-24 03:16)
 HK45のスライドストップノッチを強化してみる (2012-08-22 22:48)

Posted by たぐちやすたか at 22:46│Comments(2)KSC
この記事へのコメント
うっす、お疲れ様であります。
G17はフレームが初期型だった場合、マガジンの前後方向のガタ止めが付いていません。
マガジンキャッチの上、トリガーの後ろの辺です。
それがないとインパクトハンマーの突出が無駄になっちゃうんですよ。
適当にエポパテとかで盛り上げてしまえばいいと思います。

あと考えられる原因はマガジンキャッチかスライドの摩耗ですかね。
スライドプレートとブリーチが一体の初期型であればガスカットタイミングも異なります。
Posted by TAM-5000 at 2012年11月24日 00:03
コメントありがとうございます。

マガジンのガタ止めは、早々に行ってみます。
マガジンキャッチはガーダー製の金属製のものに、ブリーチもマイナーチェンジ直後に交換済みです(^^)

フロント側シャーシとかバレル基部パーツとか、色々変わってますよね。
次はホップ関連を最新版に換えようかと…(汗)
Posted by たぐちやすたかたぐちやすたか at 2012年11月24日 01:13
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。