2009年04月14日

初期のTMPとかSPPとか

初期型のTMPとかSPP、妙に調子が悪いって事無いです?
もしかしたらピストンカップが割れてるかもしれません。

ノーマルのピストンカップは、自己潤滑素材製のいわゆるコバカップなんですが、コレが最近のガス(152とか可燃性の何かとか)に弱いらしくて、ヒビ割れていたりします。

この状態でもまあまあ動いてたんだから根性ありますわ。

で、補修部品を調達してみたら、素材が変わってました。
マルイハイキャパ用のコバカップも同様に素材変更をしてましたね。

交換する事でブローバック動作は良くなりました。
ピストンが楕円形なのが面白いです。
古くはサンエイのブローニングハイパワー、最近だとマルイのデトニクスが変形ピストンになってます。

あと、チャンバーの具合を見てみましょう。
初期のチャンバーラバーは抜弾抵抗が恐ろしく強いので、丸めたサンドペーパーで内径を広げて緩くしてやりましょう。
ホップの突起が、チャンバーを抜けて5mm程進んだ先にあるので、ノズル延長とか試みてみたいですね。

ボルトの閉鎖不良が起きる場合、おそらくチャンバー後端とシリンダー先端のかみ合わせが上手くいってません。
ノズルと給弾フックの隙間を少々削って広げ、チャンバーラバーの下側を少し削って(面取りする様にスライスして)、すんなりかみ合う様にするといいです。
Gシリーズの形状が参考になります。

実銃の方は、スタイヤー社をリストラされてB&T社に移籍した後、最新のGUN誌の情報では、改良モデルがアメリカ市場に再上陸したとかで、なかなかしぶとい所を見せてくれます。




同じカテゴリー(KSC)の記事画像
KSC M8000クーガー SYSTEM7
KSC G17対応カスタムパーツ
KSC STI用マイクロマウントベース
12年目のKSC G17
KSC AK74M
スライドストップノッチ強化(2)
同じカテゴリー(KSC)の記事
 KSC M8000クーガー SYSTEM7 (2013-03-22 21:58)
 KSC G17対応カスタムパーツ (2013-02-17 02:12)
 KSC STI用マイクロマウントベース (2013-02-08 22:23)
 12年目のKSC G17 (2012-11-18 22:46)
 KSC AK74M (2012-11-04 02:31)
 スライドストップノッチ強化(2) (2012-08-24 03:16)

Posted by たぐちやすたか at 00:05│Comments(3)KSC
この記事へのコメント
コバカップは だんだんと室が落ちているように思えます(^^ゞ

3年前のは未だに無事なのですが
昨日 組み込んだみのは3発もたずに破損しましたw
Posted by じょでぃーじょでぃー at 2009年05月05日 22:24
ハイキャパ用コバカップで、まだ素材色が緑色の頃の一時期のものは素材が金型に上手く流れていない様で、最初から「ここで割れそうだな」と思わせるラインが入っていたりしました。
実際そこで割れました(汗)

クリア素材のものに交換してからは特に問題は発生していません。
KSCのGシリーズも初期は緑色の素材でしたが、最近は黒い素材になってますね。
Posted by たぐちやすたかたぐちやすたか at 2009年05月20日 00:24
ら、芸術の霊感が審美の倩の趣とすでに若い導くオーストリアの心の中でだんだ
Posted by jpsogreat at 2013年09月06日 18:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。