スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2009年06月02日

KSC STI システム7

海外で販売されているKSC製STI4.3ナイトホークですが、なんとすでにSYSTEM7になっています。

シリンダー・ピストンはSYSTEM7共通のタイプに。
おそらくフローティングバルブも同様でしょう。
バレル周辺はよりシンプルな形状に、メンテナンスもしやすく改良されています。
バレルは樹脂製の一体成型です。


ハンマー周辺はM1911A1やM945風に。
画像には写っていませんが、可動式ダミーファイアリングピンも備えています。

その他の差異は、シャーシ・グリップともに新金型になっています。
シャーシは後加工を減らして、グリップはSTI純正で無くする事でコストダウンを図っているのでしょう。

マガジンも新造で、パーツ点数をかなり減らしてあります。
ハンマー周辺の変更にあわせて、旧来品との互換性はありません。

作動は非常に快調で、マルイ製ハイキャパ5.1と4.3の中間位のインパクトです。
海外仕様なのでリコイルスプリングとハンマースプリングがかなり強いものになっており、これを従来の国内仕様のものと交換すると、さらに快調になるでしょう。
(リコイルスプリングはプロテックのAXよりも強いです)
後日検証してみます。  


Posted by たぐちやすたか at 15:56Comments(4)KSC