2011年03月05日

KSC M8000クーガーにファーラーのグリップを付けてみる

KSC製ガスブローバックガン M8000クーガーFに、ファーラー製のラバーコートグリップを付けてみます。
「付く」「付かない」「加工が必要」と色々と言われますが、正解は「加工が必要」です。


ファーラー製グリップは金属製の板にラバーコートをした構造ですが、裏側のスクリュースタッドと重なる部分のコンマ数ミリの厚みが原因でトリガーバー、スライドストップの動きに影響を与えて調子を悪くします。
その部分をカットすれば調子がよくなります。
まず、ファーラー製グリップ裏側の窪みの角に沿って、デザインナイフなどで切り込みを入れます。
よく切れる新しい刃で、慎重にクルリと。


次に、コートされたラバーをマイナスドライバーなどでこそぎ取ります。
これで終わりです。


ファーラー社が廃業した事で、このグリップもすっかり見かけなくなりましたが、真ん中がちょっと膨らんだ(フレームとの間に隙間が開いてますが)形状とあいまってなかなかの握り心地、M8000ユーザーならひと組は揃えておきたいアイテムです。




同じカテゴリー(KSC)の記事画像
KSC M8000クーガー SYSTEM7
KSC G17対応カスタムパーツ
KSC STI用マイクロマウントベース
12年目のKSC G17
KSC AK74M
スライドストップノッチ強化(2)
同じカテゴリー(KSC)の記事
 KSC M8000クーガー SYSTEM7 (2013-03-22 21:58)
 KSC G17対応カスタムパーツ (2013-02-17 02:12)
 KSC STI用マイクロマウントベース (2013-02-08 22:23)
 12年目のKSC G17 (2012-11-18 22:46)
 KSC AK74M (2012-11-04 02:31)
 スライドストップノッチ強化(2) (2012-08-24 03:16)

Posted by たぐちやすたか at 00:06│Comments(0)KSC
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。